衝撃吸収材およびガスの衝撃のための高精度の管

March 10, 2022

最新の会社ニュース 衝撃吸収材およびガスの衝撃のための高精度の管

精密管は直径管の生産の拡張であるプロセスを終える管の拡大される。これらの管はのようなさまざまな適用工業で石油およびガス、造船業自動車発電所サトウキビ圧搾機および蒸留酒製造所、セメントおよび建築工業等使用される

標準的な衝撃。このoil-filled衝撃は特殊機能と来なかったり100,000マイルまでのために持続できる。これはOEの製造業者によって普通提供される。

ガスの衝撃。ガスの衝撃はより小さい車で一般的である。標準的な衝撃のように、このタイプはまたクッションのためにオイルを使用する。しかし他のタイプとは違って、これは薄くするか、または泡立つことからの衝撃のクーラーそしてオイルを保つための加圧窒素のガスの内部と設計されている。

積み過ぎの衝撃。別名コイルに衝撃は、これ通常オフロード車にある。その衝撃シリンダーはそれのまわりで合うコイルばねを過す。

頑丈な衝撃。このタイプの衝撃はより大きい負荷が付いているトラック、バンおよび乗用車で一般的である。これは険しい使用と余分負荷のために設計されている大口径、補強された接続ポイントおよびより大きい中心シャフトによって来る。

自動レベル コントロールの衝撃。レベル コントロールの衝撃は通常贅沢な車で使用される。それは加えられた負荷か余分重量の場合には(懸濁液のセンサーを使用して)活動化させる電気で作動させた空気ポンプが装備されている。

空気衝撃。これはトラックおよびバンの後部で一般に取付けられているアフター・マーケットの衝撃吸収材である。それは空気との衝撃を加圧すると車を上げるためにそれをポンプでくむまでための空気入口と設計した。しかしレベル コントロールの衝撃とは違って、これは膨脹しなければならない。衝撃吸収材は車の動きの影響を吸収するために責任がある懸濁液の部品である。