何が鋼管のピクルスにしたり及び不動態化か。

May 1, 2022

最新の会社ニュース 何が鋼管のピクルスにしたり及び不動態化か。  0

 

何が鋼管のピクルスにしたり及び不動態化か。

鋼管が管を結合するためにまたは製造されるか、とき製作はなされ、配管部品はそれから不純物鋼管および溶接接合箇所に起こるために浮上する。この場合、ピクルスにすることおよび不動態化はこれらの表面の不純物を取り払い、腐食に対して防護壁を作成するように要求される。私達はプロシージャを手短かに見るが、それ以上の前に移動は私達がこれらの化学処置がなぜ要求されるか理解することを可能にしたか。

 

ピクルスにすることおよび不動態化かなぜ要求されるか。

鋼管および配管部品の製造業そして製作の間に、表面は多くの機械および熱処置--にさらされる。これにより従って防蝕特性の損失をもたらす、基材はより速く腐食する保護酸化物の皮の損傷そして汚染を引き起こし。こういうわけでシステムが使用に入る前にクロムが豊富な酸化物の皮がそのまま、きれいであることは、非常に重要である。

何がピクルスにしているか。

ピクルスにすることは鋼管の表面からの薄層の取り外し(汚れ、無機汚染物、外交問題、グリース、オイル、錆またはスケールのすべての形態で)である。溶接接合箇所の場合には、ピクルスにすることは熱染められた層を鋼鉄の表面のクロムのレベルが減った鋼鉄製造された接合箇所の表面から溶接するために取除くのに使用される化学処置プロセスである。

不動態化は何であるか。

不動態化は鋼管および部品の表面から自由な鉄をおよび同時に取除く化学処置プロセス、この化学処置促進する化学的に空気および原因の腐食と反応してがまずない薄く及び密な酸化物の保護層の形成をである。

ピクルスにすることおよび不動態化の違い

表面で、それは2つのプロセス間の大きい相違ではないことをようではない。それらは鋼鉄のプロシージャそして影響で異なる。

  • 鋼鉄から薄層を取除くピクルスにする使用化学薬品。
  • 、不動態化で、化学薬品が自由な鉄だけを取除き、腐食に対して保護層を形作るのを助ける一方。
  • ピクルスにする葉金属へのより大きい変更。
  • 不動態化は確認されなくピクルスにすることで使用される化学薬品程に積極的であるとして。不動態化は金属の表面の下で普通行かないし、金属の特性を変えない。非常にマイナーの不動態化によって残っている酸化物の層はたった.0000001インチ厚い。

ピクルスにするおよび不動態化方法

使用することができる方法の範囲があるしかし、最も一般的の2つの方法の:

  • タンク液浸方法
  • スプレー方法
  • 循環方法

タンク液浸は通常オフサイトを(製作者の研修会)またはピクルスにするおよび不動態化の専門家の植物含む。

私達をタンク液浸の下のテーブルを通したピクルスにする、クリーニングおよび不動態化典型的なプロセスを見ることを許可しなさい:
炭素鋼の管のピクルスにするプロシージャ

ピクルスにする及び不動態化利点はである何

  • 製造されたおよび製造される鋼管および部品から残っている不純物を取除く。
  • 汚染物質および錆つくことおよび将来損害を与えることから鋼鉄を保護する。
  • 鋼鉄表面の滑らかの残し、欠陥無しで照る。
  • 増加の耐久性。